メリディアの口コミ

A子さんは28歳の女性です。都内の病院に勤務する医師です。病院勤務を始めてから、仕事のストレスや不規則な食生活が原因で、2か月で急激に体重が増加しました。

 

もともと、スレンダーと言うよりはグラマーという言葉が似合う女性でした。彼女自身も自分の体重をあまり気にしない方でしたが、彼氏の「最近おしりのあたりに貫禄がついてきたんじゃない?」という一言にダイエットを決意しました。

 

とはいっても「○○で君も痩せられる」「短期減量○○ダイエット法」などの女性週刊誌に乗っているような情報は信用していなかったし、仕事中に患者さんや看護婦さんにイライラして当たってしまうようなダイエットはしたくありませんでした。

 

そんな時、アメリカで話題となっている肥満治療薬メリディアのことを知り、個人輸入代行業者を通じてこの薬をアメリカから入手しました。

 

薬と一緒に送られてきた添付所の指示に従って、一日一回・朝、1カプセルで服用し始めました。

 

メリディアを服用した1日目から、彼女は自分の中の変化にビックリしました。この日は朝食をとらずメリディアを服用しただけであわてて集金したのが、午後2時を過ぎてもお腹が空かなかったのです。仕事中の集中力の低下や空腹感からのイライラもなく、周囲の人には彼女がダイエットしていることさえわかりませんでした。

 

さすがに、夕方6時を回るとお腹がすいてきたので、友人と食事に出かけました。いつもの食事量の3分の1ほどで満腹感を覚えて、満足してしまいました。

 

ビールやワインなどを飲みながら少量のお酒で酔いが回るので、とても経済的になりました。

 

心配していた、頭痛、吐き気、便秘などの副作用もなく、メリディアの副表を続けて10日間で、すでに3キロも体重が減少し、少しづつ体重が減り続けているそうです。

 

「ちょっときついかなと以前あきらめていたワンピースがスーッと入るようになったんです。来週久しぶりに彼氏に合うんですが、痩せた私を見てなんというかが今からとても楽しみです。」

 

A子酸の場合、特に食事制限や激しいスポーツを行っていないが、毎日通勤時に片道25分の駅までの道のりを往復歩いていました。

 

病院内での移動にエレベーターを使わずに大段にしたりしていることが、10日間で3キロの減量に繋がったのだと思います。

 

もちろん医師である彼女に比べて、一日の大半をデスクワークに費やしているOLでは、こううまくいかないかもしれません。ともあれ、彼女は現在もメリディアを服用し続けているそうです。

 

メリディアは肥満治療薬として、アメリカのFDAが1997年11月に販売許可し、市場に出ました。

 

この薬はこれまでの体重コントロール薬とは異なった作用をします。すなわちセロトニンとノエルピフネンという神経伝達物質を脳内で再取り込みすることを阻害し、これによって体の正常な機能を増強させるというものです。

 

脳内の天然物質に影響して働き、長い間コントロールする作用をします。メリディアはBMI・30以上の肥満患者やほかの危険因子を持つBMI・27以上の患者に有効です。そして、ライフスタイルの管理プログラムに組み入れられるべきであるとされています。

 

服用量は食事に関係なく一日一回とされています。錠剤量を加減すれば、5ミリグラム、10ミリグラム、15ミリグラムと好みの統領を調節できます。患者に最適な投与量を決めることができます。服用を開始するときも、最も一般的な服用量は10ミリグラムです。

 

メリディアは体重の減少に関して、どれも資質に対する効果を示しています。つまり痩せるだけでなく、本物のダイエットに結びつく結果が得られるのです。

メリディアは現在は販売されていません。

メリディア

メリディアは、メーカーによる自主回収され現在では購入することはできません。
当サイトの情報は過去の情報によるものです。