メリディアの使用説明書

メリディアは体重原料と体重維持のために使用される経口肥満治療薬です。医師の処方箋により服用します。基本的にメリディアはBMI・正常最低値30以上の健常人を対象にまた、高血圧、糖尿病、高コレステロールのような危険因子を持つ場合にはBMI127以上の肥満度を持つ人を対象に処方されます。

成分

シブトラミン・ハイドロクロライド・モノハイドレート

服用法

一般に一日一回、一カプセル(10mg)を服用。空腹時は避けること。カプセルには5mg、10mg、15mgの三種類があります。医師の診断によって、適正な最初の服用量を決定することが望ましいです。

 

服用期間は個人により異なります。医師の判断により決定し、服用期間の状態や疑問、質問はその都度、医師に相談しアドバイスに従うようにしましょう。

効果

メリディアの効果には個人差があります。食事制限との併用によれば、1か月で1.8キロ以上の原料が可能で、減少した体重を一年間維持できます。

 

副作用

口の渇き、便秘、不眠、頭痛、発汗、血圧上昇、心拍数増加、いずれも軽度で服用を中止するまでの必要はない。

 

メリディア服用中にアルコールを飲むと、アルコールの鎮静作用が増すので注意が必要です。カフェイン入りの飲料との併用は安全です。

 

湿疹、かぶれなどのアレルギー反応が出た場合には、直ちにメリディアの服用を止めて医師の診断を受けること。

 

メリディアの服用により、判断力、思考能力、運転技術に使用をきたすことがある。車の運転に際しては注意と警戒が必要。

ほかの薬との併用

 

咳止め、かぜ薬、抗アレルギー剤との併用は、血圧上昇及び心拍数増加を引き起こし倍があるので、服用の際には医師に確認すること。

 

抗うつ剤、鎮痛剤、咳止めなど、セロトニン活性に影響を与える薬との併用では、セロトニン症候群と呼ばれる、まれではあるが危険な疾患が報告されています。

服用しない方がいい例・禁忌

16歳以下
MOA阻害剤服用者、ほかの体重減量薬服用者
高血圧、冠状動脈疾患、うつ血性心不全、不整脈の患者
胸部痛、肝障害、腎障害、発作の既往症がある場合
妊婦、授乳期の女性、妊娠している可能性がある女性
抗うつ薬服用者
視覚障害を持つ場合
SSRIのような脳の神経伝達物質セロトニンを調整する薬剤を使用している場合
パーキンソン病、甲状腺疾患、骨粗しょう症、摂食障害、心臓に関連する疾患などがあります。

メリディアは現在は販売されていません。

メリディア

メリディアは、メーカーによる自主回収され現在では購入することはできません。
当サイトの情報は過去の情報によるものです。